魁皇関、引退。2011/07/20

 昨日、魁皇関の引退が発表になり、本日、記者会見があった。
 通産1047勝、幕内在位107。同期入門の力士が土俵を去り、後輩たちもいなくなっていくなか、がんばってがんばってがんばり抜いた、土俵人生だったと思う。
 長い間、本当にお疲れさまでした。

 子どものころ、1人で相撲をよく見ていた。20年ぐらい前に、若貴ブームで大相撲が人気になったときには、両親と一緒に相撲を見ていた。全然「通」ではないけれど、私は、ミーハーな相撲ファンだったのだ。

 その昔、好きだったのは、小錦、若貴、そして魁皇。みんな人気者なので、この4人が好きでしたた、という人は、案外多いかもしれない。

 魁皇関のファンになったのは、やはり豪快な上手投げが素晴らしかったから。勝ちっぷりが本当に気持ちよかった。
 当時、母にも何人かご贔屓の力士がいて、魁皇関もその1人。魁皇関は、母と私の共通のアイドルだった。

 そのころ働いていた会社で、出入りの会社の方が、相撲の升席の招待券をくださった。「4人で行ってきたら」と、そのときのボスは私たち部下にチケットを譲ってくれた。一度は本物を見てみたい、と思っていた私は大喜び。
 同僚の1人のお母様が物知りな方で、国技館の係りの人には心づけを渡すのがよい、とアドバイスをしてくださったので、席に案内された後、手渡してみると、係りの人のサービスが一変。やきとりやらお弁当やらのほかにも、相撲の柄のカップ&ソーサーとかご飯茶碗とかの大盤振る舞いとなった。確か1人あたり1000円ぐらい包んだだけだったが、こんなにサービスがよくなるなんて、得しちゃったねー、なんてみんなで浮かれた記憶がある。
 が、肝心の相撲の結果は、申し訳ないことに全く覚えていない。覚えているのは、たくさんのおみやげをもらったことと、升席は意外に狭く、4人で座るにはちょっと窮屈だったことだけだ。笑

 しばらくして、また、相撲の招待券をいただいた。
 最初は物見遊山で喜んででかけた同僚たちも、(相撲は6時までなので)半休をとらなければ見られないせいもあってか、今度は行きたがらない。結局、私と、新しく転属になった同僚の2人で見に行くことになったのだが、当日になって、一緒に行くはずだった同僚が行けなくなったと言う。え、ウソでしょ? 私1人で行けっていうの? 升席にポツンと1人、座っている自分を思い浮かべてみた。
 そこで、思いついたのは、かなりの相撲好きの私の父母である。仕事絡みでいただいたチケットだが、1人で行くのはあまりにもったいない。新しいボスに、父母を連れて行きたいのだが、と正直に切り出すと、「おおっぴらにせずに、こっそりと行ってください」、と許可がおりた。
 急いで家に電話した。父が出て、母はでかけていると言う。「でも、昼ごろには帰ってくるはずだから、行くよ」。
 こんなわけで、にわかに家族で相撲を見に行くことになった次第。
 そのときの勝敗も、なぜだろう、全く覚えていない。笑
 が、たぶん帰るときだったか、国技館の外で、魁皇関にでくわしたことはクリアに覚えている。
 みんなが魁皇関に触れるのに乗じて、母も手を出し、「握手してもらった」と大はしゃぎだった。
 
 そして、20年近くの年月が流れた。先週末の伯父の新盆で親戚が集い、魁皇関が通産1047勝をあげた話が出たとき、母が自慢げに言った。「本当によかったわよねー。ねぇ、私、魁皇ちゃんと握手したことあるのよ~」。(うちの母は、何でも「ちゃん」づけで呼ぶのだ。笑)
 
 今回の魁皇関の新記録達成と引退で、記憶の隅に追いやられていた国技館の外での1コマが、鮮やかに蘇った。
 私たち家族は、魁皇関に、色あせることのない,素敵な思い出をもらったのだ。

コメント

_ 釈千手と申します ― 2011/07/20 22:56

断髪式に行かれてはいかがでしょうか?きっと涙が溢れますよ。

_ ヨーコブルース ― 2011/08/07 20:52

断髪式かぁ。。。全然思いつかなかったけど、いいかも。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yokobrucekuidoraku.asablo.jp/blog/2011/07/20/5965093/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。