ガチ!スペシャル!!2012/03/06

 3月4日、日曜日。渋谷・Mt. Rainiew Hall Pleasure Pleasureで行われたGACHIスペシャルにでかけた。
 浜崎貴司のGACHIライブは、浜崎ともう1人のアーティストがGACHIでライブを繰り広げるというシリーズ。
 この日は、これまでに登場したアーティストのなかから10人と、初参加の曽我部恵一を加えた11人と、浜崎がGACHIでライブを繰り広げた。アーティスト1人あたり2曲演奏、そのうち1曲を浜崎と一緒に演奏する、といった形で展開。浜崎自身のブログによると、セットリストは以下のとおりだったらしい。

1.JOY!(浜崎貴司)
2.GACHIのテーマ(桜井秀俊+浜崎貴司)
3.メトロノーム(桜井秀俊)
4.トンネルぬけて(佐藤タイジ+浜崎貴司)
5.ありったけの愛(佐藤タイジ+浜崎貴司)
6.デイドリーム・ビリーバー(高野寛+浜崎貴司)
7.ベステンダンク(高野寛)
8.Rock'n Roll Band(黒沢健一)
9.In My Life(黒沢健一+浜崎貴司)
10.ゴロワーズを吸ったことがあるかい(曽我部恵一+浜崎貴司)
11.満員電車は走る(曽我部恵一)
12.くちづけ(古内東子+浜崎貴司)
13.うそつき(古内東子+浜崎貴司)
14.戦争を知らない僕らの戦争(中村 中)
15.せなかあわせ(中村 中+浜崎貴司)
16.Hey!みんな元気かい?(YO-KING)
17.素晴らしきこの世界(YO-KING+桜井秀俊+浜崎貴司)
18.風になりたい(宮沢和史+高野寛+浜崎貴司)
19.島唄(宮沢和史)
20.春夏秋冬(泉谷しげる+浜崎貴司)
21.野性のバラッド(泉谷しげる+佐藤タイジ+浜崎貴司)
22.いい事ばかりはありゃしない(仲井戸麗市+浜崎貴司)
23.ちぎれぬ時間(仲井戸麗市+浜崎貴司)
24.幸せであるように(浜崎貴司)

アンコール
25.かえりみち(浜崎貴司)

 これまで2シーズン行われたGACHIのうち、見に行ったのはチャボが出た2回のみ。はっきり言って、はじめまして、のアーティストもいた。
 が、浜崎が、自分の代表曲を演奏してくださいというリクエストをしていたらしく、私でも知ってる~って曲がたくさん登場し、おいしい3時間半であった。
 チャボの奥さんのひさこさんも好きだという「GACHIのテーマ」の、本家本元、曲をつくった桜井秀俊と浜ちゃんバージョンが聞けたのはうれしかった。佐藤タイジはお初だったけど、目鼻立ちがくっきりしていて男前。元気に演奏しているので、見ていて楽しかった。高野寛の「デイドリーム・ビリーバー」は清志郎バージョンだったのでうれしかった。古内東子というアーティストの存在は全然知らなかったけど、優しげな感じの雰囲気のいい人で、「くちづけ」は素敵だった。宮沢和史は、最近の日本っぽいアレンジがいまいち苦手だったんだけど、久々に「島唄」が聴けたのはうれしかった。「島唄」は好きだったので、中古落ちとはいえ、CD、持ってるんだ。
 泉谷は「春夏秋冬 」と「.野性のバラッド」の2曲を演奏。またしても、客席に降りてきた。すごいっ!
 そして、チャボ登場。「いい事ばかりはありゃしない」。浜崎が一緒にやりたいとリクエストしたらしいが、この曲は、ライブで聞くと、ほんと、映える。
 アンコール前のラストは、「幸せであるように」。私が浜崎貴司という人の存在を知って、ファンになったのも、この曲が始まりだったので、20年ぶりぐらいで聞いて、感無量な感じ。

 そして、アンコール。最後はみんなでセッションするのかなぁ、なんてほのかに期待していたのだが、「みんなは出てきません」、と浜崎が一言。残念だなぁー。でも、おいしいとこどりのライブだったから、これ以上、望んだら、罰が当たるってもんでしょ。笑

iPadを買いました!2012/03/20

 iPadを買った! が、新しいiPadではない。iPad2だ。
 せっかくだからと名前の刻印を入れたら、カバーだけ先に届いて、本体が届いたのは2日後の、くしくも新しいiPadが店頭に並んだ16日だった。
 
 10日ぐらい前に突然欲しくなって、2~3日考えて、えいやーと買ってしまった。がんばってきた自分へのご褒美に買ってもいいかな、と思ったのだ。自己満足だけど。。。

 一緒にお仕事をさせていただいている先生が著書で、iPadがいかに便利かを書いていらした。先月お会いしたときに、小学館の「ランダムハウス英和大辞典」を中に入れている、ともおっしゃっていた。 へぇ、あんなんが、中に入って持ち運べるんだ。むくむくと欲しい気持ちが起こってきた。そして、突然、毎朝駅の売店で買っている新聞もiPadにダウンロードして読めることに気づいた。無精の私は、溜まった古新聞を捨てるのがめんどくさくて仕方がなかった。iPadに入れちゃえば、そんな手間も省ける。海外旅行も、年に1回行くか行かないかだけど、iPadなら持っていくのも軽いから億劫ではない。無線LANがつながっている所ならネットもできるし、ランダムハウスを入れておけば、電子辞書にもなるじゃない。新しいiPadが出たので、iPad2の値段が下がったのも魅力だった。むくむく、むくむく、欲しい気持ちが大きくなって、買ってしまった、というわけだ。
 届いたのは、16日。家に帰ったら、宅配ロッカーに届いていた。
 が、この日は、三宅伸治のオールナイトライブだったので、軽くセッティングしただけででかけた。翌日は、徹夜明けだったので、午後の3時ごろまで眠ってしまった。
 せめて朝日新聞だけでもダウンロードしようとやってみたが、やり方がいまいちわからない。無線LAN環境なら新聞は読めるけど、地下鉄のなかで、ダウンロードした新聞を読むにはどうしたらいいのよぉー!!
 そんなこんなで月曜日になった。
 
 月曜はドラムのレッスンの日。
 私のドラムの先生は、iPadをかなり使いこなしているのを知っていたので、ちょっと教えてよ、とお願いした。
 彼がちょちょちょっ、と新聞のダウンロードのやり方を教えてくれる。iPadのマニュアルもダウンロードした。
 4本指の使い方とか、iPadの画面をそのまま写真に撮るにはどうしたらいいのかも教えてくれた。どこかに行こうと思っているときに、地図を表示させて写真に撮っておくと、見たくなったらいつでも見れるから意外に便利らしい。
 iPadは向きを変えると、それに応じて縦横の向きが変わる。便利そうに思える機能だけれど、寝転がって見たいときには、画面の向きが変わると見れなくなってしまう。こうすると、ロックできるよ、とか。

 すごーい!! 彼の技に何度も簡単の声をあげてしまった。ドラムのレッスンなんて、そっちのけ。笑
 「いじって覚えるのがいちばんだよ。でも、使い方を簡単に説明した本を1冊買うのもいいかもね。ああいう本って、新しいの(機械)が出ると、そのうちに売らなくなっちゃうから、後で買おうと思っても買えないから、買っておいたほうがいいかも」
 ありがたいアドバイスだ。
 
 悲しいかな。昨日の今日なのに、彼が教えてくれた技のうち、どうやったんだか思い出せないものがある。パソコンの使い方を教えたときの父みたいに、どうやってやるのかわからなくなってフリーズしてしまう自分がいる。
 簡単に使えるのがiPadなのにね。笑

 時代に取り残されないように、勉強しなくっちゃ。
 まずは攻略本を1冊買ってみようと思う。

ブォーノブオーノでランチ!!2012/03/20

 イトコのA.K.と「おとなのけんか」を見に行くことにした。
 最初は川崎で、と思っていたが、そうこうしているうちに上映回数が減り、今週末は夜の上映しかない模様。なら、日比谷のTOHOシネマズ(シャンテ)で見よう、ということになり、映画の前にランチを食べることにした次第。

 15:40からの回の席をとり、13時にブォーノブォーノへ。予約をしていたおかげか、窓際の明るい席に案内された。

 A.K.が、今日はおばが食事代を出してくれると言っていたという。思いがけない申し出に、いいのかなぁ、と思いながらもごちそうしていただくことにした。
 1780円のパスタランチのパスタは甲イカと菜の花の入ったタリオリー二 カラスミを添えて。おいしそうだ。でも、肉料理も食べたい。パスタも肉料理も食べられる3600円のスペシャルコースのパスタはボローニャ風ミートソースのタリオリーニ。うーん、甲イカのパスタのほうがおいしそうだ。セコンドピアットのランチというのがあって、こちらは肉料理は食べられるが、パスタがついていない。でも、豚バラ肉のコンフィ 赤キャベツを添えてはとってもおいしそう。オーダーを取りにきた女性に、「セコンドピアットのランチに甲イカのパスタを追加オーダーすることはできないんですか?」と聞くと、プラス400円でハーフサイズのパスタを付けられるという。
 素敵! 2人とも、それでお願いすることにした。

 まずはグレープフルーツジュース入りのカクテルで乾杯!


 パンがサーブされる。シチリアのオリーブオイルが添えられている。


 そして、前菜。2人とも4種の前菜の盛り合わせをオーダー。

 なかでも、小エビとポテトのバジルソースが美味であった。

 

 そして、パスタ。「肉料理も食べるから、ハーフサイズでちょうどよかったね」とA.K.。

 

 見えませんが、たっぷり野菜の下には、こんがり焼いた豚肉のソテー。粒マスタードが添えられていて、インゲン豆と赤キャベツの組み合わせがなんともいえないお味でした。


 デザートはプリンとコーヒー。
 前菜も、メインも、デザートも、数種類、選択肢があるのに、2人とも、全く同じものをオーダーした。
 A.K.と行くと、そんなことが多い。
 
 顔は似てないけど、食の好みはかなり似てるらしい。笑

 食べ終わってくつろいでいると、「お1ついかがですか?」と大粒のイチゴが登場。1つ350円もするが、イチゴ好きの私は、じゃぁ、と1ついただいた。
 うーん、おいしい。



 そして、映画を見た後、椿屋珈琲店でお茶。
 今度は2人とも紅茶を頼んで、桜の味のケーキを2人で半分こしていただいた。

 道明寺とか桜餅を連想させる和の味で、これまた美味でございました!