とうふ屋うかい2012/05/05

 5月4日。
 両親と叔母とイトコのA.K.を招いて、川崎・鷺沼のとうふ屋うかいでご飯を食べた。両親が高齢になったこともあって、最近は何かというと、近場だし、和食だし、ということでこの店になる。

 いつものように豆水どうふのコースをオーダー。

 まずはお決まりのゴマどうふ。そして、季節の前菜の盛り合わせ。新ジュンサイに、アナゴのフライ、ヨモギ餅、などなど。全部おいしかった。この、ちょこっとずつ、がいいんですよねぇ。


 私が実はいちばん楽しみにしているのが揚げの田楽。1つめはミョウガとかつおぶし+しょうゆ、2つめはネギ味噌。3つめはお好みで好きなほうを、という食べ方。係りの人が説明する前に、私がみんなにそう説明したら、「このお店で働けますよ」なーんて言われてしまった。笑

 ブタの角煮はとろけるようにおいしかった。

 そして、ジャーン! 豆水どうふ。うん、いいお味です。

 ご飯は深川飯。たくさん入っているように見えて、実は上げ底だからそんなに入っていないんですよねー、と係りの人。あはは。そのとおり! でも、それぐらいでちょうどいい。

 ラストは白玉ぜんざい。このちょこっと、がまたおいしいのだ。

 季節がら、よくアユの焼いたのが出てくるのだが、この日はなかった。魚がちょっと苦手な私も、配膳されればえいや、と口に運ぶのだが、なくて幸い。この日のメニューは好物づくしでございました!


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yokobrucekuidoraku.asablo.jp/blog/2012/05/05/6435932/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。