チャボ@サムズアップ2012/05/05

 5月5日。 このGW久々の晴れ! サムズアップ14周年ライブの一環で、チャボが早川さんとライブを行った。
 1人だし、整理番号は125番。さらに横浜でのライブなのでちょっと遠いということもあって、行くのが少し億劫な感じ。でも、ここのところ、他のアーチストとの競演が多く、チャボが1人で歌うライブは久々ということもあり、重い腰をあげてでかけた私である。
 会場時間をちょっと過ぎたころ到着。5分ぐらいで120番台の入場順となった。立ち見客が多く出たライブだったが、1人だったこともあって、なんとかステージ左側のいす席をゲット! ほっ、助かったー。
 いつもは夕食を食べてからライブに向かうのだが、この日はサムズアップでご飯。サムズアップのフードメユーはかなり充実している。メンチカツバーガーとコーラをオーダー。こりゃ、口を開けて食べるのは無理だろーってぐらい厚いバーガー。付いてきたナイフで4つに分けて、1切れずつほおばった。メンチカツの1切れを包むのにナプキンが欲しいなぁー、とテーブルの端にあるナプキン入れに目をやると、近くに座っていた人がすかさず、こちらへ置いてくださった。すいませーん。ありがとうございます。


 
 食べ終わって、手も汚れてしまったこともあり、あと10分あるから、とトイレに向かった。と、そこで、1人の女子に声をかけられた。「あの、何年か前に清志郎のお墓でお会いして、おはぎをいただきましたよね。ありがとうございました」。あぁ、そういえば、清志郎のお墓に行ったとき、送迎バスで一緒になったカップルが、親切にお墓の場所を教えてくれたっけ。確かに駅で買ったおはぎをおすそわけした。覚えていてくださっていたなんて、感激。1人でさびしいなぁー、なんて思っていたが、こんなふうに、ナプキンをとってもらったり、声をかけてもらって、とてもうれしかった。1人じゃないぜって感じ?笑 やっぱチャボファンってことでつながってるんだね。みんな優しくていい人たちだ。ありがとう。

 ゲットした席は左側=早川さん側だったので、もしかして、早川さんの体でチャボがブロックされて見えないかも、と心配していたのだが、始まってみると、早川さんはチャボよりちょっと下がったところに立っていて、2人が間近に見えた。しかも、チャボが早川さんの顔を見て、話しかけたり笑いかけたりするのまでしっかり見えて、得した気分。えへへ。
 
 1曲チャボ1人で演奏して、「今日はずっと1人でやりまーす」なーんて冗談を言ってから、早川さんの登場。松葉づえをついての登場にちょっとびっくりしてしたが、たいした怪我ではないらしい。

 2人での演奏の最初は「ギブソン」。好きな曲だ。
 チャボが後で、「このGW、何してた?」と聞いたとき、「このライブに備えて練習してた」と答えた早川さん。なんかうれしいなぁー。ありがとう。
 途中,チャボが言う。「さっきは言い忘れちゃったけど,2日の武道館でスティーブ・クロッパーの後ろで演奏できて,本当に幸せだった。終わった後, ナイスギターと言ってくれた」。とてもうれしそうだ。本当に素敵な演奏だったよな、と思い出す。
 
 ザ・バンドのドラマーのリヴォン・ヘルムが亡くなったから,と言って,ザ・バンドのカバーで「トライライト」もやった。やっぱいい曲。

 今度甥っ子の結婚式で何か演奏してくださいって頼まれてるんだけど、俺の曲ってろくなのないじゃん? 打破とかさ。だから、この曲をやろうと思ってるんだ、と言って「いつでも夢を」。
 
 その他,「アメリカンフットボール」「カビ」「ホーボーへ」「ダンシング・イン・ザ・ストリート」などの曲が演奏された。

 でも、実はこの日いちばんうれしかったのは、アンコールの最初に、チャボが1人で演奏してくれた土曜日の歌だ。カバー曲だけど、チャボの曲でベスト3に入るぐらい好きな曲。地方ではよくやるらしいが、東京近郊では、土曜のライブが少ないせいか、私はここ数年、ショートバージョンしか聞いていない感じ。RCのライブのときには、ある時期、いつも演奏してくれてたので、この曲を聴くと、懐かしさがこみあげてくる。私にとっては滅多に聞けない曲だけに、ありがたさも倍増して、ライブでこの曲をやってくれるのがいちばんうれしい。

 ライブは「ホーボーズララバイ」で締めくくられた。

 最初はめんどくさいなー、なんて思ってたけど、やっぱり来てよかったな。素敵なチャボファンにもお会いできた。いいライブだった。

 
 
 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yokobrucekuidoraku.asablo.jp/blog/2012/05/05/6435934/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。