ケーキの流浪の民。2014/04/17

 鷺沼駅前のお菓子屋さん,ムートンルージュがとうとうなくなってしまった。
 毎週末、ケーキを決め込んでいた私は、以来、流浪の民と化している。
 家の近くのケーキ屋さんでも買った。そこそこおいしい。でも、モンブロンもショートケーキもでかいのだ! 毎週食べなくてもいいかも。。。
 じゃぁ、ってんで、以前、家の最寄駅近くに支店があったお菓子屋さんの本店に行ってみた。電車とバスを乗り継いて、40分ぐらいで行けるかなー、と高をくくっていたのだが、行ってみたらものすごく遠かった。所要時間は約片道1時間半。往復3時間かけてケーキ買う人なんて、私ぐらいのもんだわ。でも、また行くには遠すぎるー。
 次の週末には、たまプラーザまで足をのばし、おいしいと有名なお菓子屋さんで買ってみた。やっぱモンブランはでかすぎ。でも、ショートケーキはいい感じ。と思って買ってみたが、食べてみると、スポンジのなかに余計な何かが入っていて、私の期待する滑らかさがない。不満。。。
 というわけで、ただ今、好みのケーキを求めて、流浪の民、真っ最中の私なのであった。

 ムートンルージュは小淵沢に移転するはずだったのだが、この話は残念ながら、ぼしゃってしまったらしい。そのうちにお菓子教室とか、何か始めるから、と元店主の赤塚さんは言っていた。
 いつのことかなぁ。
 まだ1か月経っていないけど、すでにムートンルージュのモンブランが食べたくなっている。ショートケーキが食べたくなっている。そして、何よりも、バナナのタルトが食べたい、イチジクのタルトが食べたい。
 いつかどこかで、の再会を、切に期待していますよー。