ムートンルージュ3品!2014/02/24

鷺沼駅前にあるムートンルージュの私の好物,3点。
定番の和栗のモンブランとイチゴのショートケーキ,そして,ゴリラ(バナナのタルト)!
一人暮らしを始めたころに駅前にできたのがムートンルージュだった。ケースの中には,色とりどりのかわいらしいケーキがたくさん並んでいて,実家に帰る手土産に和栗のモンブランを買った。これが母に大好評! 以来,実家に帰る手土産はムートンルージュの和栗のモンブランに決まった。
ゴリラには,イチジクバージョンもあって,これがまた美味。が,イチジクがおいしい時期だけしかなく,毎年登場するわけでもない。そして,バナナには季節がないように思えるが,ゴリラも実は限定品。
和栗のモンブランとイチゴのショートケーキ,ゴリラ or イチジクのタルト。どれも捨てがたいが,いつもあるわけではないということもあって,私たち家族の人気ナンバーワンはゴリラ or イチジクのタルトである。
ほぼ毎週,通っていたので,すっかり常連となり,お店の方々には,名前とともに好物の品まで覚えていただいていた。
が,な,な,なんと,このムートンルージュが3月半ばで店じまいするという。が,が,ガーン〜〜〜!!!
当初は小淵沢に新店舗がオープンするはずだったが,予定した店舗がダメになったとかで,今のところ次の予定がなくなってしまったという。ガ,ガ,が〜ン!!!
小淵沢になっても年に数回お邪魔する気満々だった私。ムートンルージュ中毒なのに,これからずっと和栗のモンブランやイチゴのショートケーキ,ゴリラを食べられないなんて耐えられるかしら?,と心配。
とにかく,店じまいの日まで,週に1回訪れて,思う存分,堪能するしかない。

一人暮らしを始めてから15年ぐらい,私の生活パターンは変わらなかった。ずーっとこのまま,変わりばえしないで過ぎていくのかな?,そんなことを思っていた。
が,2年前,突然父が亡くなった。ここのブログで豆腐屋うかいに食事に行ったよ,と書いた数日後に脳梗塞で倒れ,1週間であっけなく逝ってしまった。
清志郎はその前に亡くなった。もう彼をライブで見ることはできない。
何年も続けてきたドラムのレッスンもやめた。毎週顔を合わせていた友にも会わなくなった。
お気に入りだった職場近くの,おいしいキッシュのあるフレンチレストランは地震直後になくなった。そして,もう一軒あったキッシュ屋さんも店を閉じるという。
なんだかずーっとこのまま過ぎていきそうだった生活が変化しつつある。
同じ繰り返しに思えることが,実は幸せなことだったんだな,とここ数年しみじみと感じている。

メリークリスマス!2011/12/25

 川崎・鷺沼にあるムートンルージュのクリスマスケーキです。


 いろんな種類がありますが、私はやっぱりクリスマスとか誕生日とかスペシャルなときには、オーソドックスにイチゴのショートケーキが食べたくなります。
 いちばん小さなサイズのケーキを、昨晩、両親と一緒に食べました。
 もう10年ぐらい、クリスマスには我が家で定番のフォートナム&メイソンのクリスマスのスパイスティーと一緒に味わうと、クリスチャンではない我が家にも、ちょっとだけクリスマスがやってきたような感じ。んー、幸せ。。。



 そうそう、今年のフォートナム&メイソンのクリスマスティーは、昨年までと違って、缶がdecorativeなものに変わっていました。日本で買うと、バカ高なのがたまにきず。円高なんだから、もう少し安くしてくれてもいいと思うんですけどねぇ。。。



鷺沼にゴリラ登場!2011/12/04

 鷺沼のムートンルージュに新しいケーキが登場した。その名はゴリラ!!
 去年の今頃もクリスマス前に出現したのだが、そのときの名前は確か、バナナのタルトであった。笑
 なんでゴリラなんだろう?!
 ちょっと前までラインナップに並んでいたイチジクのタルトの姉妹みたいな感じ。母も私もこの手のケーキが大好きなので、うほうほっ、と心で叫びながら、4つも買ってしまった。
 イチジクのタルトはサワー系のクリームだったが、バナナのタルトはキャラメル系だった。うーん、これまたおいしい。
 クリスマス前までは店頭に並ぶらしいので、またまた毎週買いに行くことになりそうだ。

ハッピー、ハロウィン!! Trick or treat!2011/10/30

 昨日、渋谷・東急プラザにあるみゅーくで、ハロウィンのカップケーキをみかけたので、買ってみた。
 外側のかぼちゃクリームの内側は生クリームで、私好みの味だった。
 ハロウィンが終わったら、なくなっちゃうんだろうなー。ちょっと残念。

復活!2011/10/16

 ムートンルージュ。川崎・鷺沼にあるケーキ屋さんだ。
 何を隠そう、私。ムートンルージュにはほぼ毎週ケーキを買いに行っている。母も私も、ここの和栗のモンブランが大好物なので、週末、実家に帰るときの定番の手土産になっているのだ。
 和栗のモンブランは1年中通して用意されている看板商品なのだが、1〜2か月サイクルで何品かの新商品が加わりは消えていく。季節を考えてのメニューってわけだ。
 私には以前、和栗のモンブラン以上にイチオシのケーキがあった。それはイチジクのタルト。外側のサクサクっとした部分もたまらないが,内側のクリームがもう絶品! が、このケーキが消えてから数年。フィグ型のイチジクのタルトにはたまにお目にかかるものの、このタルトがお店に並ぶことはなかった。もう二度と食べることはできないのだろうとすっかりあきらめていたのだが、先週の土曜日の午前中、渋谷にでかけ、帰りがけにお昼ごろにお店に寄ってみたところ、なにやら見覚えのあるケーキがショーウィンドーに数個並んでいる。なぜかネームプレートがなく、名無しの権兵衛さんになっている。でもさ、これって、、、としばしみつめていたら、中から店長のAさんが現れた。「いいイチジクが手に入ったから復活してみたの。○○さんが喜ぶと思った 」(毎週でかけているので、Aさんは名前を覚えてくださっている。笑)

 わぁぁぁーい。

 夢にまで見た!って言っても過言ではないくらいのイチジクのタルト。
 店内に数人のお客さんがいるにもかわわらず、テンションが上がって、「買いま~す!」と大声で手を挙げてしまった。笑

 実家に帰って、紅茶と一緒にいただいた。
 うーん、やはり美味。最高っ!
 ボォーノボォーノのズッパイングレーゼと同率1位で、ムートンルージュの「まぼろしの」イチジクのタルトは、私の大好きなケーキのイチオシである。